読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Intercontinental Singapore, CNY 2014

Chinese New Yearの期間をどう過ごすか? 検討の結果、1泊分が無料になるアンバサダー週末無料券を使って、シンガポールのインターコンチネンタルに2泊することにしました。部屋はラウンジにアクセスできるクラブインターコンチネンタルルームを予約しました。f:id:Inquisitor:20140330181555j:plain

旧正月の1月31日の昼頃、自宅からMRTでホテルの最寄り駅、ブギスまで移動します。駅に直結したモール、ブギスジャンクションは休んでいる店が多いですが、ところどころ営業しているところもあります。3Fのフードコートや2階のレストランはほぼお休みです。

営業していたPasta Maniaでお昼を食べ、ホテルにチェックインします。1Fの会員用カウンターへ行くと、2Fのクラブラウンジへ案内され、そこでチェックインします。

部屋はアンバサダーのベネフィットでアップグレードされた、ビクトリアストリートに面する3Fのショップハウスルームでした。ここは、本館とは離れた建物で、渡り廊下を渡らないとたどり着きません。f:id:Inquisitor:20140330181454j:plainf:id:Inquisitor:20140330181539j:plainf:id:Inquisitor:20140330181521j:plain

荷物を置いたら先ほどのクラブラウンジへ戻り、アフタヌーンティーをいただきます。イングリッシュブレックファストティーをお願いして、ブッフェ台からお菓子を選びます。人も多くなくゆっくりできました。f:id:Inquisitor:20140330181621j:plainf:id:Inquisitor:20140330181637j:plain

続いてカクテルタイムでは子供はクラブラウンジへは入ることができません。そのかわり、1Fのロビーラウンジで同等のサービスが受けられます。ロビーラウンジへ行くと、テーブルに案内され、飲み物を聞かれます。ここではスパークリングワインをお願いしました。ボトルを見るとChandon Brutでした。f:id:Inquisitor:20140330181704j:plain

つまみは3段のトレーでサーブされました。自分でセレクトできませんが、出されたものを食べたらお腹がいっぱいになってしまいました。

次の日の朝食はクラブラウンジではなく、1Fのレストランで取りましたが、少し狭い感じでした。

この日もアフタヌーンティーと、カクテルタイムを楽しみました。

最後の日はレイトチェックアウトで16:00までの滞在です。この日の朝食はクラブラウンジで取りました。こちらの方が落ち着いていただけました。チェックアウトの後で、お茶を飲んでいきますかと誘われ、3回目のアフタヌーンティーをいただき、タクシーで自宅へ帰りました。