読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリラヤプアサの三連休にホーチミンシティへ

ハリラヤプアサの三連休にホーチミン・シティを訪れました。フライトはTigarair、ホテルはインターコンチネンタルアシアナサイゴンでした。今回は珍しくラウンジを使わずに、フードコートのようなところで昼食をとってから搭乗です。ホーチミンへは2時間弱のフライトで到着。ベトナムの入国審査では前回訪問したのがいつかを聞かれました。空港を出て、viettelのプリペイドSIMを280,000VNDで購入しましたが、高いパッケージだったのかもしれません。隣のタクシーカウンターで、エアポートタクシーを申し込みます。こちらはホテルまで200,000VNDでした。

クラブルームを予約していたので、19階のラウンジでチェックインです。チェックイン後部屋に行かず、ラウンジでお茶をいただきました。そこで、おすすめのレストランの一覧を頂いたので、その中のフレンチレストランを予約してもらいました。部屋は同じ階のコーナーにあるジュニアスイートでした。カクテルタイムのラウンジによって、予約したフレンチレストランで食事をいただきました。

次の日の朝はラウンジで朝食です。落ち着いていただくことができました。その後、子どもとプールで過ごし、お昼はCNNで紹介されていた、おしゃれなカフェ、L'usineへ行きました。ここはパンが美味しかったです。ただ、ここへたどり着くには予め調査が必要です。ドンコイ通りから、画廊みたいな路地を入って右に曲がり、階段を上がるとあります。とても不思議な空間です。

ホテルに戻って、ラウンジでお茶を頂いてから、今度は一人で散歩です。ベンタイン市場まで行きましたが、あまり見るものもなく、戻りました。

カクテルタイムのラウンジでスパークリングワインを頂いて夕食としました。

最終日の朝食は1Fのレストランで食べましたが、やはりラウンジの方が落ち着いて食べられます。食後はタクシーで戦争証跡博物館へ行きました。予想していたよりもきつくない展示内容でした。タクシーでホテルに戻る途中で雨になりました。

12時頃チェックアウトして、タクシーで空港へ。今度は150,000VNDでした。tigarairのカウンターは出発2時間前にならないと開かないので、少し待ってチェックイン。出国して食事を取ろうとしたのですが、席に空きがなく、仕方なくApricot Loungeへ向かいます。ここはあまり食べるものがなく、丼に入ったフォーとラーメンを自分で調理して食べました。

帰りの便も何事もなく飛び、Changiへ到着しました。