伊坂幸太郎 死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)
結局、文庫が出るたび購入してしまう伊坂幸太郎。今回はべたべたな死神の話。ふむふむと読んでいくと最後の最後で衝撃を受けた。初期のころに比べてとても読み易くなっていることは間違いない。