浅田次郎 地下鉄に乗って (講談社文庫)

地下鉄に乗って (講談社文庫)
読むものがなくなったので同居人の本棚を物色して発見した。タイトルからエッセイかと思っていたら、ぜんぜん違っていて、ファンタジーだった。昔はこういう話はSFと呼ばれていたのではないのか。
よそから移動